疲れがたまってるなら吉澤嘉代子でも聴いとけ

疲れがたまってるなら吉澤嘉代子でも聴いとけリスナー向け

どうも、ヤスイです。
彼女に元気付けられない日本人などいるのだろうか。いるわけがない。日本に生まれ、納豆と味噌汁がソウルフードという人間であれば、彼女の歌は必ず響くはず。子供の頃、火遊びして怒られた経験だったり、川ででかいカメやウシガエルを捕まえたりした経験があるなら、その頃の情景とともに自分の深い部分が蘇るはず。

はい、今日紹介したいのは、吉澤嘉代子というシンガー。いや、シンガーというよりは魔女。
自粛期間が長引いて家で退屈にしている人、寂しくしている人、つまらないなと思っている人、多いと思います。そんな時こそ彼女の歌を聴いて欲しい。

なんのことかわらかないと思いますが、とりあえず聴いてみましょう。
King Gnuの記事では曲の深い部分に結構入り込んでいますが、今日はそんなことはなし。彼女の曲を分析するなんてナンセンス。

恐ろしい曲「残ってる」

何年くらい前だろう。滋賀から大阪に出てきて、一人で生きていた頃。特にこだわりもなくYouTubeを流していたときに撃ち抜かれた曲。この曲で初めて吉澤嘉代子というアーティストと出会いました。
何がいいって、詩とメロディと音楽と映像と、何より彼女の声。全部が一体となって歌いかけてくる。
曲の最初「改札はよそよそしい顔で朝帰りを責められた気がした」という部分からもう、情景が浮かぶ。どんな風に歩いてて、どんな風に改札を通って、どんな気持ちで家に帰ろうとしているのか、ありありと想像できる。そんな経験は一切ないんだが、ありありと想像できてしまう。

「一夜にして街は季節を超えたらしい」とか、「からだの奥に残ってる」とか、「どこかしこもあなただらけ」とか、「忙しい朝が連れてっちゃうの」とか。全くわからないですよ。そんな経験ないので。わからないのに想像できる。恐ろしい曲です。
決して歌がうまいとか、声がいいとかそういうんじゃなくて、生なんですよね。吉澤嘉代子という人間の生の声が聴こえる。だから響くし、頭に浮かぶ。

MVはずっと女の子が歩いてるだけなんですが、それだけで十分。演出もいらなくて、それだけで全部を演出してる。恐ろしい曲です。

出会いか2年以上、いまだにたまに聴きたくなって、何度聴いてもあきない。恐ろしい曲です。いい曲とかそんなレベルじゃなく、恐ろしい曲です。

J-POPと歌謡の最大公約数「月曜日戦争」

吉澤嘉代子というアーティストを知った後、実は1年くらい「残ってる」しか聴いてなかったんですね。恐ろしい曲だから、どんなアーティストなんだろうとか、他にどんな曲あるんだろうかとか一切気にならなくて、ただただ「残ってる」が聴きたくなるそのせいで2曲目との出会いにはかなり時間がかかりましたが、次に出会ったのが「月曜日戦争」。
この曲を聴いて思いました。吉澤嘉代子を聴いて生きていこうって。まあそんなたいそうなことを思ったわけじゃないですが、この曲を聴いてから他の曲もどんどん聴きたくなった、そんな曲。

何がいいって、これももうおんなじこと言うんですが、詩とメロディと音楽と、吉澤嘉代子の声。なんで彼女の声はこんなに生々しいというか、表現力に溢れているんでしょうか。
マイナー調でこんな気持ちがいいメロディ、久しぶりに出会いました。サビ前とか最高でしょう。ただ音階なぞってるだけですよ。なんかよくわからない楽器で1回、「水金地火木土天海冥」という歌メロで1回、その後もよくわからない楽器でダメ押しにもう1回。音階なぞってるだけですよ。なんでこんなに気持ちいいんでしょうね。冥王星は惑星じゃねえよとか突っ込む気にもなりません。
それからこのサビのメロディ。気持ちいい。とことん気持ちいい。めちゃくちゃ気持ちいいんですけど、こういうの最近の曲では使われないですよね。
昭和歌謡とか、昔のアイドルとか、そういうのでありそう。多分日本人の遺伝子に組み込まれた、気持ちいいメロディなんでしょうね。

それでいい「泣き虫ジュゴン」

ああ、こういうのも歌えたんだ、いい。そんな曲。ベタなバラードソングかと思えば、サビのメロディにやられます。いや、サビのメロディもめちゃくちゃベタなんですよ。最近のアーティストってちょっと変わったことしたがるじゃないですか。でも彼女はそういうの一切なし。「え、このコードだったらこのメロディ気持ちよくない?これでいいじゃん」と言わんばかりのメロディワーク。
でもね、なんか新しい発見が欲しいとか、日常に刺激が欲しいとか、そう言う時は変わったメロディでいいと思うんですよ。でもね、家で本読んでる時とか、料理している時とか、寝る前とか、日常のワンシーンに欲しい曲ってこういう曲だとおもうんです。ただいい。何がいいとか、音楽的にいいとかじゃなくて、ただいい。そういうアーティスト、最近少ないように思います。

遺伝子レベルでいい「ラブラブ」

いやこの曲、なんでYouTubeにないのよ。吉澤嘉代子のことが知りたいならまず聴いて欲しい曲なのに。とりあえず、僕は普段Amazonプライムミュージック使ってるので、それ埋め込んでおきますね。

いやあね、この曲何回聞いたんでしょうね。たしかHecatoncheir sistersのツアーの車の中で色々聞き流しているときに流れて、もうそれから延々聴いてる。
最高なんですよ。吉澤嘉代子の曲は、昭和歌謡っぽい懐かしいメロディと、彼女の生の声、捻らない普通の歌詞が魅力なんですが、その全部が十全に出ているのがこの「ラブラブ」という曲。
この曲ね、ぜひヘッドフォンで聴いてください。スピーカーで流すと気づかないんですが、コーラスが秀逸。多分最近のバンドマンたちはこういうコーラスを「普通」とか「つまらない」とか言って、変わったことしようとするんでしょうね。いや、それは別にいいんですけど、こういう普通が一番気持ちいいんですよね。

で、この曲ずっとラブラブ言ってるんですが、その表現力たるや、もはや演劇。MVがないから映像もないんですが、この曲聴いてると、吉澤嘉代子がどんな顔して歌ってるか頭に浮かぶ。それどころか、管楽器やドラムまで、どんな顔して鳴らしてるか想像できる。
顔が見える音楽ってこういうことなんですかね。騙されたと思って、ちょっといいヘッドフォンで目を瞑って聴いてください。吉澤嘉代子が歌いかけてきます。音だけで顔が浮かぶ。恐ろしい曲です。
料理をするとき適当に音楽を流すんですが、一曲目は間違いなくこの曲から入ります。じゃないと無理。この曲聴かないと何もやる気が起きない。恐ろしい曲です。

ルルルルルル「えらばれし子供たちの密話」

はい、これもなんでYouTubeにないんだって怒りたくなりますが、まあそんなもんです。本当に刺さる音楽はYouTubeにはない。
これもね、音的にはセブンス系でジャジーな感じに仕上がってます。ただまあ気持ちがいい。踊ってしまうし声を出してしまう。
特にAメロの「ルルルルルル」という6連符。気持ちよくてつい歌ってしまう。リズムも気持ちいい。なんだろう、リズムとか音は昭和歌謡という雰囲気ではないんですが、吉澤嘉代子が歌うと歌謡的な雰囲気が出る。歌謡的な雰囲気が何かって、つまり日本人の遺伝子に組み込まれたいい音楽ということ。ラップ的な部分もあるんですけど、それさえ遺伝子レベルで気持ちがいい。

「美少女」

いやあこれももう、イントロから吉澤嘉代子。遺伝子に響く。

さっきから遺伝子がどうのって言ってますけど、どう言うことかと言うと、歌詞もメロディもリズムも、使い古されたようなベタなものなんですが、じゃあ逆に似ている昭和歌謡曲を探しても、少なくとも僕は知らないんですよ。そもそも僕は昭和に生きていたわけでもないし、ロックで育っているので昭和歌謡は代表的な曲しか知りません。にもかかわらず、僕はこの曲を初めて聴いて「どこか懐かしい」とか「昭和歌謡っぽい」とか感じちゃったんですよね。聴いたことないはずなのに。つまり、我々日本人の遺伝子に刻み込まれた音楽と言うことなんじゃなかろうかと。
MVの演出も懐かしいんですよ。ファッションとか振り付けとか。でも何が懐かしいんだ、懐かしんでる対象はなんだって考えると、特にない。平成生まれがなぜか昭和を懐かしんでいる。

またベタな曲を作ったもんだ「最終回」

いやあたまらん。吉澤嘉代子の一番の魅力は圧倒的な表現力だと思ってましたが、いったい何個声を持ってるんでしょうね。
これまで紹介した曲の多くは、昭和歌謡的といいながら、ほんと10代前半かってくらいピュアだった。音楽的な表現じゃなくて、感情の表現にとことん素直に歌ってる。
ところがこの最終回という曲。同じく昭和歌謡的な世界観の中、歌っているのはハイミスな吉澤嘉代子。ハイミスって言葉も死語ですよね。でもそうとしか言えない。
ほんとに「ラブラブ」歌ってたのと同じ人か。表現力が圧倒的で、1曲の中で何度も表情を変えることもありますけど、この変わりよう。

こうなってくると、曲よりも吉澤嘉代子という人間に興味が出てくる。タイムスリッパーか。平成16年くらいに生まれて、昭和38年くらいで生きて、令和元年を少しだけのぞいて平成元年に戻っていった。わけがわからないでしょう。僕にもわかりません。
ただそれくらい吉澤嘉代子という人間がわからない。調べたら年齢とか経歴くらいは出てくるんでしょうけど、絶対知りたくない。謎に包まれた存在であって欲しい。

100変化「ミューズ」

「戦っているあなたは美しい」から始まる1曲。この曲も面白い。アニソンみたいな構成してる。ドラマの主題歌にも使えそう。
この曲は彼女の声の変化に注目して聴いて欲しい。最初の1節は「残ってる」などで見せたセンチメンタルで少し弱々しさのある吉澤嘉代子。1番のAメロもそれ系。センチメンタルな雰囲気。Bメロに入ってガラッと変わる。「最終回」で見せたような大人びた声。サビにはいると、力強さや大人びた感じはありつつも、どこか不安げというか、弱さが見えている。
2番のAメロ、ちょくちょく「ラブラブ」や「月曜日戦争」で見せたピュアで感情をそのまま声にしたような歌。そして2番のBメロ。これがすごい。1番と少し違うんですよ。大人びた感じは出しつつも、ちょっと子供っぽさとかピュアさが残ってる。
でラスサビ。声自体に強さは確かにあるんですが、それは自分が強いというよりも憧れの強さというか。

う〜ん、なんていうんですかね。まあ、吉澤嘉代子は表現力が半端ないということです。

「地獄タクシー」

僕の記事は毎回長くなりすぎる傾向にあるんですが、今日はこれで最後。「地獄タクシー」。曲とか声の雰囲気は「最終回」に近いんですが、こっちは大人びているというよりふてくされたティーンエイジャーのよう。
2番のAメロとかあえて無表情にしてるんですが、もうあふれんばかりの表情が伝わってくる。彼女がどんな顔で歌ってるのか見えちゃう。

この曲のMVを見るのは初めてだったんですが、体が揺れて記事がかけない。聴きながら「あ、これについて書こう」とか思っても、曲を途中で止めることができなくて最後まで聴いちゃって、何を書こうとしてたのかが思い出せない。それをもう3回も繰り返してる。

まあこの曲も吉澤嘉代子以外が歌ったらベタでクソつまらん曲になるんでしょうが、彼女の表現力が曲を完成させている。気持ちいい。ずっと聴いてられるよね。

頼むからこれ以上吉澤嘉代子の情報に触れさせないでくれ

はい、今日は吉澤嘉代子を紹介しました。過去5年以内に出会ったアーティストの中で一番ハマってることは間違いない。中学生の頃にGreeen、高校生の頃にTHEE MICHELLE GUN ELEPFANT、高校を卒業するころに銀杏BOYZ、それぞれの出会いに匹敵する。

ネット社会の辛いところなんですが、好きになると勝手に詳しくなってしまう。基本的にはいいことなんでしょうが、吉澤嘉代子については勘弁して欲しい。僕は彼女は魔女でタイムスリッパーで、同じ世界線には生きていないと思ってる。
彼女の経歴も年齢も何も知りたくないが、曲を聴いたり、ちょっと調べたりするとそうした情報に出会ってしまう。さっきも自分以外の人が吉澤嘉代子をどんな風に書いているのかと思って曲について書かれたブログ記事を見ていたら、年齢はおろか出身地や彼女が初めて買ったCDについてまで書いてやがった。ふざけんな、そういうのは知りたくないんだ。今頑張って忘れようとしているんですが、もう無理。

吉澤嘉代子は魔女でタイムスリッパーだと思ってましたが、1990年に埼玉で生まれ、初めて買ったCDは矢井田瞳らしいです。
つまらん。まあこれからも曲は聴くけども。