空きっ腹に酒を聴きながら酒でも飲もうじゃないか

空きっ腹に酒リスナー向け
画像:空きっ腹に酒 ライブレポートより

こんにちは。HORNnet編集部です。冒頭かつこんな記事の中で言うことではないと思いますが、わたしは最近、全くと言っていいほど何事に対してもやる気が出ません。こういった記事作成など仕事に対してはそういった気分でない場合も無理やりその気にしていますが、日常生活においてはやる気が起きません。

この原因は新型コロナウイルスによりライブハウスへ行けなくなったことが大きくあります。これまでは仕事や日常でツラいことがあってもライブハウスという空間へ足を運び、アーティストの演奏や歌声・MCを聴くことで「よし、明日からも頑張ろう!」とやる気をチャージしていたんですが、この状況になってから補給ができないためずーっとやる気が起きない。音源や映像を聴いたり見たりしても何かもの足りない、そんな日が続いています。

今日はそんなわたしにお付き合いいただけますでしょうか。空きっ腹に酒を聴きながら一緒にお酒を飲もうじゃないですか、そして飲んで酔ってツラいことを一時的にでも吹っ飛ばそうじゃないですか。

ちなみに空きっ腹に酒というのはバンド名なんですけど、友人知人に「こないだ空きっ腹の酒のライブ観に行ったんだけどね、」的な話をすると、ほぼ100%「はあ?」という顔をされます。バンド名ではなくイベント名と勘違いされ、空きっ腹に酒なんか飲んだら酔いが回っちゃうよと心配される率20%、わたしの頭がイカれたと思われる率80%です。

空きっ腹に酒とは

空きっ腹に酒とは2007年からライブ活動を行なっている大阪を拠点に活動している4ピースバンド。2018年に自主レーベル『酔犬レーベル』を設立し、現在は画像左からBa.シンディ、Vo.田中幸輝、Gt.西田竜大、Dr.いのまたの4人で活動中。

彼らの魅力は「やりたいことを一度やってみよう」というアグレッシブさ。自主レーベルを設立したきっかけも音楽をやるうえで自分たちで考えて自分たちで動きたいとのことで、音楽をやるために音楽以外のこと(例:車の運転・SNS更新・チケットの取り置きなどメールチェック)もすべて自分たちで行う道を選びました。

こういった所謂「音楽以外のこと」ってメンバー間で得意・すきな人と苦手・きらいな人がいますよね。スタッフさんが就くくらい売れたら任せたい部分だと思います。でも彼らは4人で長く音楽を続けたい・自分たちで動かしていきたいという思いで分担し、対応しています。とある記事では事務所にいた頃と比べるとチケットの売上など、数値がより見えるようになり、やっていることひとつひとつにより意識が明確になり意味を感じていると述べています。

空きっ腹に酒の音楽とは

空きっ腹に酒の音楽はパンクにファンク、ヒップホップやロックとさまざまなジャンルの音楽を組み合わせ、独自のスタンスを確立しています。実際にライブで見たとき、演奏が上手いわたのしませるのが上手いわで一気に空きっ腹に酒ワールドに引き込まれました。

…文字にし語ったところで上手く伝えることができないため、早くMVを見ましょう。あ、お酒片手の方に飲みながら見る方がたのしいです。まだ手元にない方は待っています、今すぐ持ってきてください。

正常な脳

タイトルとメロディの差がすごい。何が正常な脳だ、こちらは頭がおかしくなりそうです。2番サビのダンスで更に頭がおかしくなって、その後の間奏のギターにひと安心、でもまたサビに引きずられるのでおかしくなる。どうですか、この曲聴いてると飲めない人もお酒が進んじゃいそうでしょ?もう今日は酔いどれましょう。

愛されたいピーポー

先ほどの正常な脳に比べ、まともな曲(とかいうと失礼ですが)。まず冒頭ベース、めちゃくちゃかっこよくないですか?これだけでもう酒が進む。

空きっ腹に酒の曲ってVo.田中幸輝のパフォーマンスが目立ちがちなんですが、演奏側のクオリティーが高い。それを間奏でちゃんと聴かせていただけるってのがもう最高。

しかもこの曲は歌詞がしみる。この2番とか。

表向きでは同情して
裏で馬鹿にして笑ってんだろう
思い込んで立ち直れない
周りの視線が気になる
気になってる僕が嫌になる
管を巻いて 唾を吐いて

わたしも心の奥底では周りの人はみんな敵と思っている部分があるので、この視線が気になる自分がいやという気持ちが痛いほどわかります。まさに愛されたいピーポーの一人です。

御乱心

空きっ腹に酒の曲って始まった瞬間もうノレるのなんなんですかね。この曲に至っては木管楽器使っているので更にたのしく、MVも様々な御乱心が見れます。サビが初見でも盛り上がれる曲っていいですよね。我らご乱心って覚えやすいですし。

個人的には2番のギターの音に注目していただきたい。

夜のベイビー

皆さんお付き合いいただきありがとうございました。これで最後の曲です。MVではなくライブ映像。そしてこちらはワンダフルボーイズの同曲のカバーなんですが、空きっ腹に酒節全開です。夏の日の夜、ライブ観た帰りにすごく聴きたくなる曲。

この曲はVo.田中幸輝が即興でフリースタイルラップをするところがポイントです。

空きっ腹に酒を聴いて酔おう

一緒にお酒でも飲もうとか言っていましたが、ここ数年ですこぶるお酒に弱くなってしまいもう1杯でべろべろです。すみません。物足りない人はこれでも見てください。では。

タイトルとURLをコピーしました